天然石と人工石の見分け方??

シェアする

おはようございます、りゅう店長です!!
熊本は昨日から天気が良くて、朝から気分がいいです♪

ここ数日、Instagramの攻略を目指して(笑)、
色々研究していたり・・・

SNSって、ほんっとに面白いですよね~
↓りゅう店長のInstagram
『mineral_mind』をfollow me♪

なんか色々載せてます(笑)

さて、本日は天然石スキーには永遠の課題である、

『天然石と人工石、はたまた偽物の見分け方は??』

と言うお話。

これはもう、永遠の課題でもある。きっぱり。
そもそも、

・何故天然石の偽物は出てくるのか?
・人工石ってなんなのか?
・何が天然石なのか?

ここの理解がまず必要なので、
まずはそれぞれがなんなのか、から行きます♪

1、何故天然石の偽物が出回るのか、出てくるのか。

これは個人的に『日本に天然石ブームが来たから』
に他ならないと思っています。

天然石ブームの前は、シルバーアクセサリーがブームでした。

その前はブランド物だっけ??

ブームが来ると、
必ず『手に入れやすい安価なもの』
が、絶対に消費者に求められるんですよ。

あんまり安いものばかり求める思考も
どうかと思いますけどね・・・。

しかし、これはもう、
それこそブランド物ブームの頃から起きてる話。
※実際にはもっと前からだと思いますが・・・

そうなると、
『うちのブランド物は○○%OFFで○○円で販売してます!!』

という謳い文句で販売すると、

『わー!!ずっと○○が欲しかったんだー!!
このくらいの値段なら買える!!』

となる(笑)

それが本物か偽物か確認もせずにね・・・(泣)

そして、悪い人が狙うのもココ。
『値段に惑わされる素人』
です。

天然石も同じ図式です・・・。
『天然石の相場感を知らない素人に、
安く売りつける』

コレが、偽物が出回る1番の理由だと思います。

『本物か偽物か見分けがつかない素人に
大量に売りつけて利益を出し、ドロン。』

つまり、ブームが来ると言うことは、
『素人・初心者が一気に流入してくる』
と言うことに他なりません。

だから、偽物が一杯出回るんですよ。
『知識の少ない人が多いうちに、騙して稼ぐのに』

また、ブームの起きたものって言うのは、
一定期間流行った後、大体廃れます。

でも。
その代わり、根強く生き残る人が出てきるんですよ。

りゅう店長みたいなのが(笑)

すると今度は、一時期のブームほどではなくても、

少しずつ初心者が入ってくる、

『業界』にレベルアップしちゃうのです。

安定した世界が出来るんですね。

それはもちろんとても良いことです。

でも、その代わり、

安いものばかり追い求めていると、騙される、と。

ただ、どうしても。
初めのうちは安いものが欲しいのも事実なんですよ。

これは別に初心者の方を馬鹿にしてるとかではなく。

初めて参加する世界で、
いきなりお金を突っ込める人は少ないと思います。

趣味から始めるならなおさら。

そして、天然石は殆どの場合、
『趣味』からスタートするはずです。

これから先、どれだけの期間続く趣味なのか
解りませんからね(笑)

コチラでは更に詳しく解説してます
天然石「初心者」が知っておいて欲しい話

2、人工石ってなんなのか?

人工石、と言うのはそのまま字の如くでもあるんですが、

いわゆる
『自然が作ったものではなく、人間がある種の目的の為に人工的に作成したもの』
となります。

工業用、とか工業製品もコレに該当します♪
が、しかし(笑)
天然石関係での『人工石』は、
もうちょっと身近な話となります♪

人工石の話ちょっと長いので、
今日は軽く触りだけ♪

明日からもっと詳しく行きます!!
人工石は細かく分類すると、

・合成石
・人造石
・模造石

に分けられます。

<合成石>
天然石と成分とかは同じだけれど、天然ものじゃない
(お魚の養殖もののイメージ。お魚であることに変わりない)

<人造石>
科学的に作られた石。天然石とは成分が違う。でも石。
(代替品に近い。ダイヤモンドの代わりに作られた、
キュービックジルコニアが有名)

<模造石>
石に似せて作られたものであり、そもそも石じゃない。
(ラインストーンなど。キラキラしてるけど、石じゃない。
主にガラス製品やプラスチック製品)

こう聞くと、人工石ってあんまりよろしくない感じ?
がしなくもないのですが、これはこれで人気ですよね♪

また合成石は、
天然ものとは違い、

不純物が一切入ってないので、透明感があり綺麗なのが魅力!!

人造石は、安価で巨大なのが手に入るが魅力♪
アパレルショップとかのディスプレイ向きかな?
模造石は重さが軽いので手軽にネイルにも使えます♪

最近流行のジェルネイルとかは、
キラキラのラインストーンは可愛いですよね♪

小粒の天然石を使うこともあるみたいです~

天然石のアクセサリーは、サイズによっては結構重い・・・!!

総天然石ネックレスとか、サイズにもよりますけど
意外と重いですよ・・・!!(汗)

もちろんケースバイケースで、
自分にあったものを選んでいきたいですね!!
さらに、人工石の多くは、工業用として
広く一般的に利用されてもいます。

工場とかのダイヤモンドカッターとか(笑)
ダイヤモンドもピンキリなので、
ここもケースバイケースw

また、水晶の人工石(合成石)は、産地による癖がないので、
扱いやすく石酔いしにくいという利点もあります。

一概に悪いものではないし、そちらの方がすき、という方も少なくないです。

人工石は人工石で、
毛嫌いしないで欲しいところw

まとめ。

結局『天然石と人工石の見分け方』は、

『きちんとそれぞれに対する知識を持つこと』
だと思います。

・偽物が存在するということ
・天然ではないが、偽物でもないものが存在すること

なんで偽物が出回るのか。
なんで人工のものがあるのか。

『それが存在する理由』が解ってくると、

・安物には手を出さない
・沢山の天然石を見ることで、相場感を知る

など、少しずつ、
気をつけるべき点が見えてきます。
何度でも言う話なのですが、
『偽物を本物と偽る人間が一番悪い』です。
でも。
『安いものばかり求める消費者』
が居る事も原因の一端です。

『安かろう、悪かろう』ではいけない、
そう気付いていながらも、
やっぱり安いものばかりを探し求める・・・。

それでは、カモにされるばっかりです。

コーヒー豆の『フェアトレード』のように、
『適正価格で買う。たとえ、少し割高でも。』

そのような気持ちを持ってもらえると、
りゅう店長としても嬉しく思います♪

天然石に限らず。
野菜でも、服でも。
沢山いるハンドメイド作家さんの作品も。

売るほうも買うほうも嬉しい、

『適正価格で正しいものを。』

本日もお読み頂きありがとうございました♪
(°∀°)ノシ

この記事をお届けした、
りゅう店長の最新記事を
いいねしてゲットしよう!!
Σd(゚∀゚)<ヨロシクオネガイシマス!!

シェアする

フォローする